SHIINBLOG

ぱない!!

トレンド・ネタバレ・体験談記事など雑記が中心です!

いつものビールに飽きた人必見⁉少し変わったビールとは・・・

 先週のテレビで「黄金の知恵」という売り上げを倍にした日本企業10社を紹介する番組がやっていたのですが、その中に気になる企業が1社ありました。その企業とは・・・

 

(株)ヤッホーブルーイング

 

 なんでも、近年は若者のビール離れが進んでいるという事でビールなどの出荷量が減少しているらしいです。

 

私もお酒は好きですが飲みの場でない限り、家で飲んだりするというのはあまりないです。

 

そんな中でヤッホーブルーイングは出荷量を増やし続けているとか。

 

その要因が☆クラフトビール☆にあるというとか。

 

クラフトビールとは・・・特定地域で限定量生産する地域ブランドのビールだそうです。

※ちなみにビール業界は大手5社が市場全体の99%占めているそうなのですが、残りの約1%をヤッホーブルーイングをはじめとする200以上のクラフトビール社で占めているらしいです。

 

ヤッホーブルーイングの社長曰く「99人がちょっと嫌いでも1人が熱狂的に好きであれば良い」というニュアンスで、お酒をあまり飲まない人々をターゲットにビールを生産しているそうです。

 

その言葉が気になって、すごい飲んでみたいと思い早速頼んでみました。

 

そして、取り寄せたのがこちらの商品。

 

値段は1150円だったのですが、楽天ポイントを550円分利用して結果的に600円で注文することが出来ました。しかも送料無料でラッキー!ラッキー!

 

出荷が10/25日(火)だったのですが、次の日の朝には到着しました。

f:id:panai2016:20161027011357j:plain

中身は350mL缶が4つと説明書みたいのと薄っぺらい紙が1枚。

  • よなよなエール
  • インドの青鬼
  • 水曜日のネコ
  • 東京ブラック
  • よなよなの里の歩き方
  • 年間契約の紙

が入っています。

 

早速飲み比べをする事に。今回は5段階で評価してみました。

商品紹介

よなよなエール

f:id:panai2016:20161027011427j:plain

評価:★★★★☆

 

詳細:アルコール度数5,5% 飲み頃13℃ イチオシメニュー:月見ハンバーグ

 

感想:恐らくこの会社が一番推しているビールなのではないか・・・香りが少し強い印象を持った。

 

普通のビールよりも少し苦みがあるとは言え、飲みやすかった。逆を言えば強烈なインパクトを持つ何かが無いともいえる。

 

インドの青鬼

f:id:panai2016:20161028171752j:plain

評価:★★★☆☆

 

詳細:アルコール度数7,0% 飲み頃13℃ イチオシメニュー:サンマの塩焼き

 

感想:まさに青鬼という感じ(笑)かなり独特の香りがするのが特徴。

 

味も癖があり好みが分かれそうな味であった。

 

ちなみにこの日はキムチ鍋であり、〆のチーズリゾットと両方とも相性は抜群であり、濃い味の料理とは相性が良いのかもしれない。

 

ただ好んで飲もうとはならないが、急に飲みたくなるような味であった(笑)

 

水曜日のネコ

f:id:panai2016:20161027011321j:plain

評価:★★★☆☆

 

詳細:アルコール度数5,0% 飲み頃10℃ イチオシメニュー:香草たっぷり生春巻き

 

感想:デザインが可愛らしく名前もユニークさがある(笑)ネコという名前だけあって、ライトビールという感じ。

 

香りもきつくなくあまりビール好きではない人でも飲みやすく、特に女性にオススメである。

 

東京ブラック

f:id:panai2016:20161029203209j:plain

評価:★★☆☆☆

 

詳細:アルコール度数5,0% 飲み頃13℃ イチオシメニュー:バニラアイス

 

感想:東京ブラックと4つの中では一番オシャレな名前(笑)ブラックだけに見た目はブラックビール。

 

最初は普通ビールかと思うが後味が一瞬コーヒーに似たような苦味を感じ、香りはそこまで強くない。

 

2回3回と飲むとコーヒーとは少し違う独特の苦みを感じる。おつまみというよりは甘いデザートと合うようなビールであった。

 

最終順位と感想

1位よなよなエール

2位インドの青鬼 

3位水曜日のネコ

4位東京ブラック

 

個人的にはインドの青鬼がお気に入りでどのビールも普段飲むようなビールの味とは違う感じでした。

 

よなよなエールが一番万人受けする味ではあった。

 

個人的にはインドの青鬼がお気に入りで、もう一度欲しくなりました。

 

好みがあるので順位はあまり参考にならないかもしれませんが、缶のデザインや名前がかなりユニークであり、地域によっては普段店頭で中々見ることがないと思うので、新鮮さもありその上この値段だったので今回の注文は成功と言えるでしょう。

 

それぞれのビールの個性が強いので、普段飲むビールに対して少しマンネリを感じているという方は、気分を変えてクラフトビールに手を出してみるのもいいかと思います

 

4缶じゃ少し物足りないという方はこちらの6缶入りをどうぞ。こちらの商品はamazonからも購入できるようになっていますので。

 

ではでは 

[PR]