SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱない!!

トレンド・ネタバレ・体験談記事など雑記が中心です!

プロ野球2017年3・4月の月間MVP候補を予想!

【スポンサーリンク】

f:id:panai2016:20170426112937p:plain

※2017年5月9日更新

成績は更新していますが内容は当時のものになっています。

 

どうもたかです。

 

2017年のプロ野球が開幕して1カ月が経とうしています。

 

どの球団も一回りして順位にも徐々に差が付き始めています。

 

セリーグは昨シーズン優勝の広島が11連勝と今シーズンも好調を維持しています。

それに阪神、巨人そしてDeNAが追う展開となっています。

 

一方パリーグは面白い事に、昨年のAクラスのチームとBクラスのチームがそのまま入れ替わるという、開幕前に順位予想した解説者泣かせの順位となっています(笑)

 

特に首位の楽天は攻守に安定しており、先発はもちろん中継ぎ陣は新人が期待以上の活躍、そして野手では茂木・ペゲーロの恐怖の1・2番コンビが打線を引っ張っています。

 

そんな中、今回は3・4月の月間MVP候補の選手を予想したいと思います!

 

※成績は2017年4月30日試合後時点のものです。

 

セリーグ投手

 

菅野智之

右投げ・右打ち・先発

(読売ジャイアンツ)

3・4月成績:4試合 防御率1.76 3勝0敗 30回2/3 28奪三振

 

昨シーズンは好投しながらも打線の援護がなく勝ち星に恵まれませんでしたが、今シーズンは既に2完投(2完封)するなど巨人のエースに見合った結果を残しています。

 

2年ぶりの2ケタ勝利に初のシーズン15勝、そして沢村賞受賞が期待されています。

 

ドリス

右投げ・右打ち・抑え

(阪神タイガース)

3・4月成績:14試合 防御率2.77 0勝2敗10セーブ 13回 18奪三振

 

160km近い速球を武器に昨年34試合を投げて防御率2.12と安定感をみせ、今シーズンもここまでリーグトップの9セーブをマークするなど、阪神のクローザーとして君臨しています。

 

オ・スファンの抜けた穴を埋められていませんでしたが、チームとしてはドリスがこの調子を維持すれば抑えとして安泰でしょう。

 

砂田毅樹

右投げ・左打ち・中継ぎ

(横浜DeNA)

3・4月成績:12試合 防御率0.87 0勝0敗8ホールド 10回1/3 11奪三振

 

防御率0.96が示すように、未だに1失点と安定したピッチングを見せておりリーグトップの8ホールドを記録するなど、4年目の今シーズンはブレイクの予感がします。

 

セットアッパーとしてはもちろん、対左打者のワンポイントリリーフとしてもマウンドに上がることもあり、田中と並んでDeNAの貴重な左投手の存在です。

 

セリーグ野手

 

阿部慎之助

右投げ・左打ち・一塁手

(読売ジャイアンツ)

3・4月成績:.306(82‐25) 5HR 24打点 得点圏.367

 

3・4月のセリーグ野手月間MVP最有力候補でしょう。

現時点で本塁打・打点で2冠に輝いており、打率でも2位と打撃主要3部門で上位に躍り出ています。

 

近年は年齢を重ねたのとケガにより良い成績を残せていませんでしたが、今シーズンは開幕から本来の勝負強いバッティングがひかり、4番としてチームの勝利に大きく貢献しています。

 

リーグ2位の得点圏打率.435がそれを物語っています。

 

エルドレッド

右投げ・右打ち・一塁手(左翼手)

(広島カープ)

3・4月成績:.324(74‐24) 4HR 16打点 出塁率.433

 

打率リーグ4位、本塁打と打点でリーグ2位と好成績を残しており、プロ野球6年目となる助っ人外国人はチームの首位に大きく貢献しています。

 

特に目を張るのは出塁率がリーグトップの.447を記録するなど、チャンスメイクと今シーズンも対戦チームから恐れられています。

 

大島洋平

左投げ・左打ち・中堅手

(中日ドラゴンズ)

3・4月成績:.372(112‐35) 1HR 8打点 5盗塁 出塁率.413

 

シーズン序盤ではあるものの、順位は最下位とチームの雰囲気はあまり良くない中、両リーグ最多の35安打を放つなど、シーズン200安打ペースでヒットを量産しており中日のリードオフマンとして1人孤軍奮闘しています。

 

既に猛打賞5回を記録し、その内4回が4安打を放つなど1度打ち出すと手が付けられない状態となっています!

 

パリーグ投手

 

金子千尋 

右投げ・左打ち・先発

(オリックス・バファローズ)

3・4月成績:5試合 防御率1.70 4勝0敗 37回 23奪三振

 

2014年の沢村賞投手も15・16年はケガなどもあり本来の調子を発揮出来ず、不甲斐ない結果に終わってました。

 

しかし今シーズンは開幕戦こそ勝敗がつかなかったものの、その後3連勝(完封1試合)するなど、復調の兆しを見せています。

 

チームも今シーズンは開幕から勢いに乗っており、3年ぶりに貯金を作るなど彼の活躍がチームを大きく左右するでしょう。

 

ディクソン

右投げ・右打ち・先発

(オリックス・バッファローズ)

3・4月成績:4試合 防御率3.38 4勝0敗 24回 14奪三振

 

防御率はそこまで良くないものの、リーグトップで両リーグ唯一の4勝を挙げるなど勝ち星に恵まれています。

 

3年連続9勝に終わっており、エース金子との2本柱として今シーズンは初のシーズン2ケタ勝利の可能性が膨らみます。

 

松井裕樹

左投げ・左打ち・抑え

(楽天イーグルス)

3・4月成績:16試合 防御率0.53 2勝1敗10セーブ 17回 20奪三振

 

注目すべきはなんといっても防御率0.00でもちろん失点、自責点も0という素晴らしい成績を残しています!

 

昨年は球団史上初の2年連続30セーブを達成するなど今シーズンはこれまで以上に、チームの絶対的な守護神として活躍が期待されています。

 

4月25日の試合では9回から登板して、14年の中日武藤以来プロ野球史上17人目となる3者連続3球三振を記録しています。

 

パリーグ野手

 

近藤健介

右投げ・左打ち・指名打者

(日本ハムファイターズ)

3・4月成績:.416(77‐32) 2HR 16打点 26四球 出塁率.558 得点圏.542

 

2015年にリーグ3位の打率を記録しブレイクしたものの、昨シーズンは他の選手の台頭により不甲斐ない結果と終わってました。

 

今シーズンはその悔しさをばねに現時点で打率と出塁率、得点圏打率でリーグトップの成績を残し、好調を維持しています。

 

特に出塁率は.586と2位に1割以上離しており、更に対右投手の成績は5割を超すなど得意としています。

 

T-岡田

左投げ・左打ち・左翼手(一塁手)

(オリックス・バッファローズ)

3・4月成績:.351(77‐27) 7HR 15打点 出塁率.485

 

今シーズンは既にリーグトップタイの7本塁打を放つなど元本塁打王として復活の兆しを見せています。

 

また出塁率も.468でリーグ3位と高く、チームに貢献したバッティングを見せています。

 

ペゲーロ

左投げ・左打ち・右翼手

(楽天イーグルス)

3・4月成績:.282(85‐24) 7HR 21打点

 

昨シーズンは途中加入ながら51試合で10本塁打を放つなど、持ち味のパワーを思う存分発揮しました。

 

今シーズンは梨田監督の2番採用がハマり、リーグトップの7本塁打・20打点を記録するなど❝恐怖の2番バッター❞として定着しており、どれくらいの数字を残すのか楽しみではあります。

 

筆者の予想

それぞれ3人ほど候補を挙げてみたわけですが、私としては以下のように予想しました!

 

セリーグ投手 菅野智之
セリーグ野手 阿部慎之助
パリーグ投手 松井裕樹
パリーグ野手 近藤健介

 

恐らくセ・パの野手はこの2人でほぼ確定ではないかと思います。

 

正直投手は先発を選ぶ傾向があるのか分かりませんが、両リーグともリリーフ投手が好成績を残しているため、もしかしたら中継ぎ・抑え投手が選出される事も考慮して、パリーグは松井裕樹を選びました。

 

2017年5月9日に3・4月度の月間MVPが発表されました!

 

セリーグ投手:メッセンジャー

セリーグ野手:大島洋平

パリーグ投手:金子千尋

パリーグ野手:T-岡田

 

最後に

いかがでしたか?

 

上位活躍する、一方でチームが下位に沈む中で孤軍奮闘している選手もいますね。

 

果たして候補に挙げた12人の選手の中から選ばれるのか気になります。

 

また、彼らが出場する試合を見るならスポナビライブがおすすめです!

 

スポナビライブでは広島・巨人を除く10球団のホームゲームの試合を見る事が出来ます!

1軍の試合だけでなくファームの試合や、その日の試合のハイライトニュースもあるので社会人やバイトで見れない野球好きの学生にとっても親切ですよ。

 

プロ野球以外にも、MLB、海外サッカー(プレミアリーグ・リーガエスパニョーラ)、テニス(マスターズ)、なでしこ、大相撲、bリーグなど全14ジャンルのチャンネルがPC、スマホ、タブレットなどで見る事が出来ます。

 

1カ月間の無料体験があるので、期間内に解約すれば1円もかからずに視聴する事が出来ますので、気になる方は下記の公式サイトを確認してみてください!

 

スポナビライブ公式サイト ⇦check

 

ではでは